自分で自分を理解する | バイアグラを通販で購入してもう一度あの勃起を体験しましょう!
menu

自分で自分を理解する

カラフルな薬

セックスというのは根源的なところに「愛」がある場合がほとんどです。
その愛は「肉」への愛であったり、相手の女性への愛であったりと人により様々ですが、「愛のないセックス」というのは良いものではありません。
それで満足するなら自分の右手が恋人でもなんら差し支えないでしょう。
相手に求めるものがあるからこそ、そこに価値のようなものが生まれるのです。
「愛のないセックスは贅沢なオナニーだ」という格言をある方が残していたように、結局それはオナニーと何一つ変わらないのです。
熱を持ったオナホに男性器を突っ込んで腰を振っているのと何一つ変わらないのです。
だからこそ、節度のあるセックスをするためにも、愛のない相手とはセックスをする必要がないのです。
まあ若い内というのはその限りではありませんが。

若い時の男というのははっきり言ってチンパンジーと何も変わりません。
賢いチンパンジーはバイアグラを飲むことで、ドーピングしたペニスで行きずりの女とセックスを楽しむこともあります。
しかし、チンパンジーというのは本能的な性欲なのか理性的な性欲なのか理解できない場合が多いために、行きずりの女にハマってしまい「愛」のようなものが芽生えることがあります。
そうなれば大きな問題はないのではないでしょうか?
節度のないセックスから生まれた愛がどこまで通じるのかはわかりませんが、最終的にチンパンジーは落ち着くものです。
お腹いっぱいになるほど女性を味わえばそのまま気持ちよくなって眠りにつくものです。
そういった生活を続けていく内に、気付けば理性を持たないチンパンジーから賢者であるゴリラに昇格しているものです。
ゴリラに慣れずに一生をチンパンジーのまま過ごす男性というのもいないこともないですが、ほとんどの人は落ち着くところに落ち着くものです。
あなたもそうであってほしいものですが。